×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ロンドンの観光地の様子、地下鉄やバスでの移動、サッカー観戦などロンドン初心者の体験談を綴りました。2007年9月のイギリス・ロンドンの個人旅行記です。
Day 1 Day 2 Day 3 Day 4 Day 5 Day 6 Day 7 Day 8 Day 9 Day 10
 オイスターカードで不足金?  ロンドン→ブライントン  ブライントン→セブン・シスターズ  The Ryoyal Pavilion(ロイヤル・パビリオン)
 Seven Sisters(セブン・シスターズ)  ブライトンの町  ブライトン→ロンドン

 ロンドン旅行記 Day8
前の日記へ HomePageに戻る 次の日記へ

オイスターカードで不足金?
白い断崖で有名な絶景ポイント、Seven Sisters(セブン・シスターズ)を拝むべくBrighton(ブライントン)へ日帰り旅行に出発することに。

ところが、Earling Commonの駅で、昨日と同じようにオイスターカードを、黄色い読取機にタッチしても、改札ゲートが開かない。。近くにいた係員と一緒に、カードを券売機に入れてみると、不足金1ポンドが発生しているとの事。

そう言えば、昨日が、有効期限(7Days、zone1,2)の最終日。昨夜Earl's Courtから乗車して、zone3のEarling Commonに着いた時は、普通に改札が開いたのでラッキー程度にしか思わなかっのが原因か…

不足金1ポンドを支払い、Victoriaに行きたい旨を係員に伝えると「2 Pound」と言われたので、コインを渡すとタッチパネルをテキパキと代わりに押してくれた。Thank youと、プラットフォームへ。

ロンドン→ブライントン
Earling Commonから乗り込んだチューブ(地下鉄)は、ちょっと進んでは停まっては再び進むを繰り返した。1、2分で動き出すうちはまだいいのだが、バスの出発時刻を気にし始めると、結構イライラしてきた。。7:30にEarling Commonを出発した電車が、Earl's Courtを通過したときは8:05になっていた。結局、Victoria Coach Stationには8:30に到着。

バスチケットは昨日購入していたので、Gate8(乗車ゲート)で、9:00am出発の#25 Brightonのバスを待つ。昨日のカンタベリ行きと違い、この日は8:45頃からバスに乗車開始。バスは、定刻どおり出発。途中、ガトウィック空港ターミナルに寄り、ロンドンから約2時間掛け、ブライトンに11:10到着。降りたバスステーションからは、すぐ海が見えていた。

ブライントン→セブン・シスターズ
ブライトンのバスステーションは小さな所でした。小さなチケット売場が(一見して分かりにくいですが)隣接しています。暇そうな窓口で、Seven Sisters(セブン・シスターズ)に行きたい旨を伝えると「ONE DAY SAVER」なる1日乗車券を薦めてくれたので購入(3ポンド)。St.James's St.(セント・ジェームズ通り)の、パブレストランで昼食を済ませた後、セブン・シスターズ行きのバス(#12)乗場がある、ロイヤル・パビリオンまえの大通りへ。

The Ryoyal Pavilion(ロイヤル・パビリオン)
ロイヤル・パビリオンは、イギリス王室の離宮とのこと。アラブやインドの宮殿みたく、丸い屋根にちょろっと突き出たトンガリが特徴的な建物です。St.James's StからOld Steine Pde.を横切りCastle.Sqに入ったところにセブン・シスターズ行きのバス乗場があるのですが、そこから、そんな建物が見えていたので、バスの待ち時間に立ち寄ること。

ロイヤル・パビリオンの建物自体は、公園のような敷地内にあります。平日でしたが、割と観光客の姿を多く目にしました。結婚式もできるようで、白いウェディングドレス姿の人、結婚式専用っぽい白いお洒落な車も目にしました。建物正面では、ツアー客らしき団体がいたり、数人の学生が地面に座って写生したりしていました。

そんな外側を10分ほどうろうろして、バス乗場に戻ることに。12:20、「12A」と表示されたEastbourne(イースト・ボーン)行きのバスに乗車。そこから白亜の断崖で有名なセブン・シスターズへ。

Seven Sisters(セブン・シスターズ)
ブライントンからセブン・シスターズへのアクセスは、バスで約1時間。13:20、Seven Sisters Country Parkという所で下車。他に誰もバスを降りませんでした。。降りた場所からは白亜の断崖も海も何も見えない所でした。だだっ広い牧草地のような草原が道路沿いに広がる、まさに田舎景色でした。

バスを降りた所から、そのままバスの進行方向に数十メートル歩くと、左側に、煉瓦造りのVISITOR CENTERがありました。中には女性係員が2人いただけ。Hi, I'd like to see white cliff..と白亜の断崖を見たい旨を言うと、崖の上から見渡したい?崖の下から見上げたい?と聞かれたので、崖の下への道順を教えてもらい出発。

VISITOR CENTER前から、トレイル(ハイキング道)へ入り、この後ハイキングタイムに。牛や羊が群れをなす草原のなか、テクテクと歩くこと約30分、遠くの方に海が見えてきました。途中、遠足の学生集団とすれ違った以外、出会ったのは牛と羊だけという、何とも長閑な時間でした(笑)結局、VISITOR CENTERから、波打ち際で白亜の断崖を眺めるまで、約40分歩き続けました。

下から見上げる白い断崖は、写真でみるより見栄えはよくありませんでしたが、海沿いに続くその景色は何か不思議なものでした。チョークのような白さの壁に手をつき、てっぺんを見上げたり、波打ち際で海をぼーと見渡したりして、歩きつかれた足を休ませた後、またハイキングコースを戻りました。

白亜の断崖で有名なセブン・シスターズですが、実際は長閑な自然が残るハイキングコースといった感じで、いい運動になりました。羊があちこちにおり、人懐っこい羊は近づいてきたりして、めちゃ可愛いかったす。羊ONLYですが、ふれあい動物園みたいな所です。が、そんなハイキングコースには、動物のう●こがあちこちに落ちていますのでご注意を(笑)その量は半端じゃなく、避けたつもりで別のやつを踏んでいたりするくらいです。。なので、最初は避けて歩いていましたが、別に臭くも無いので、しまいには疲労感もありどーでもよくなり、元気に踏んづけてハイキングを楽しみました(笑)。う●こ踏んづけてもOKな靴で行かれることオススメします。

所要時間の目安は、最低で約2時間。VISITOR CENTER前から断崖下までのハイキング片道に約40分(途中、立ち止まって結構写真撮ってました)。白亜の断崖下での休憩に、約30分。バスで行かれる方は、バスのタイムスケジュールに合わせて、ハイキングのコースやペースを調整できますが、この日は来しなのバスを下車してから、帰りのバスに乗車するまでの約2時間10分でちょうどよかったです。

セブン・シスターズからブライトンに戻るバス停は、VISITOR CENTER前にあります。ブライトンから来たときのバス停とは違うのでご注意を。

ブライトンの町
セブン・シスターズから戻ってからロンドンへのバスが出発する約1時間ほどでしたが、ブライトンの町を歩き回りました。

海岸沿いの町・ブライトンは、坂の町です。海から鉄道駅へと緩やかな傾斜があります。9月下旬のビーチには水着姿の人はおらず、シーズンオフの様相でしたが、結構人がいました。元祖会場遊園地みたいなBrighton Pier(ブライトン・ピア)には、子供連れの家族や学生のカップルなどで結構賑わっていました。浜辺のオープンカフェの席もほとんど埋まっていました。

町自体は、歩き回ると割と広い所だと思いました。お店やレストランも多いので、半日あれば、もっとゆっくり観光できただろうな、と思います。

ブライトン→ロンドン
ロンドンへ戻るバスの出発時間が迫る中、鉄道駅方面からバスステーションへ急ぎ足で歩いていると、「FISH AND CHIPS」と書かれた看板に引き寄せられてしまいました。惣菜屋みたいなフィッシュ・アンド・チップスの専門店で、適当に注文して、ビネガーや塩をカウンターでふり掛けて、お持ち帰りパックを片手にバスステーションへ急ぐ。バスの中で、温かいうちに食べようと思っていたのですが、これが失敗(この時点で知りませんでしたToT)。

平日夕方、ブライトンの小さなバスステーションから、ロンドン行きのバスには十数人が乗車しました。後ろの方の席に座り、座席の前ポケットをみると、プラスチックの下敷きみたいなものがありました。ふと読むとそこに、乗車中のルールがプリントされていました。(来る時にはじぇんじぇん気付かなかったのですが。。)そこに、こう書かれていました。

#6 For the comfort of all passengers, somoking and the consumption of hot food and alcohol is NOT permitted on board the coach.

これ読んで初めて知りました。せっかく買ったフィッシュ・アンド・チップスが食べれないことをToT...結局、ロンドンに近づくにつれて、フィッシュ・アンド・チップスはどんどん冷たくなることに。。

結局、17:40にブライトンを出発したバスは、約1時間40分かけてロンドンVictoria Coach Stationに到着。この後、ホテルで冷め切ったフィッシュ・アンド・チップスを食べきってこの日の旅程終了。明日は、プレミアリーグ観戦、生アーセナルが楽しみだぞっと。ロンドン・アイと大英図書館に残るマグナ・カルタも拝んどかねば。

そちぷのロンドン旅行記2007
Ramada Javisの朝食。1人前ではありません(笑)
そちぷのロンドン旅行記2007
朝のEarling Common駅まえ
そちぷのロンドン旅行記2007
ブライントンのバスステーションに到着。
そちぷのロンドン旅行記2007
ブライトンのバスステーション横にあるチケット売場(一見してわかりませんでした。。)
そちぷのロンドン旅行記2007
The Ryoyal Pavilion(ロイヤル・パビリオン)
そちぷのロンドン旅行記2007
Seven Sisters行きのバス乗場まえ
そちぷのロンドン旅行記2007
Seven Sisters Country Parkという所で下車。まさに田舎といった感。
そちぷのロンドン旅行記2007
羊がたくさん。う●こもたくさん(笑)
そちぷのロンドン旅行記2007
波打ち際から眺めた白亜の断崖の様子。
そちぷのロンドン旅行記2007
元祖会場遊園地みたいなBrighton Pier(ブライトン・ピア)
そちぷのロンドン旅行記2007
ブライントンの町(その1)
そちぷのロンドン旅行記2007
ブライントンの町(その2)
そちぷのロンドン旅行記2007
冷た〜くなってしまったフィッシュ&チップス(4.96ポンド)
ロンドン現地時間



前の日記へ TOPに戻る HomePageに戻る 次の日記へ
掲載内容はイギリス・ロンドンでの体験に基づいた個人的な意見です。各人の責任においてご利用くださいませ。