×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ロンドンの観光地の様子、地下鉄やバスでの移動、サッカー観戦などロンドン初心者の体験談を綴りました。2007年9月のイギリス・ロンドンの個人旅行記です。

 旅行費備忘録
Homepageへ戻る
9泊の旅行代備忘録。1ポンド = 約240円(2007.Sep)
AMOUNT
主な内訳は下表のとおり。レート計算には、Yahoo!ファイナンス - 外国為替レート表を利用しました。
航空券
85,490円
(合計184,850円に対して、帰国便オーバーブッキングの際に頂いた迷惑料で相殺した金額。)
151,500円 チケット代金(日本〜ロンドン往復正規割引航空券)。
航空会社はBA(ブリティッシュ・エアウェイズ)。HISにて購入。

16,600円 航空保険料・燃油サーチャージ等

14,710円 イギリス出入国税等

2,040円 成田空港施設使用料

-414ポンド(99,360円) 帰国便オーバーブッキングのため、BAから頂いた迷惑料。VISAデビッドカードで頂きました。せっかく直行便を手配していたのに、香港経由で約12時間遅れに。。

宿泊料
166,760円

ロンドン9泊分
109,200円 6泊分。
 My Place Hotel
 1-3 Trebovir Road London SW5 9LS United Kingdom
 TEL:44-20-73730833
 FAX:44-20-73739998
 MAIL:Reception@Myplacehotel.co.uk

57,500円 3泊分
 Ramada Earling(Ramada Jarvis)
 Ealing Common, London,W5 3HN United Kingdom
 Tel: +44 (0)8448 159 035
 Fax: +44 (0)208 896 8488
 Email:sales.ealing@ramadajarvis.co.uk
 URL:http://www.ramadajarvis.co.uk/

フットボール観戦
79,980円

合計4試合(チェルシー2試合、アーセナル2試合)
4,500円 ファンクラブ(Arsenal Japan年会費)

90ポンド
(21,600円)
ファンクラブ(True Blue新規加入)

12,000円 プレミアリーグ(Arsenal vs Derby)
Arsenal Japanにて購入。チケット額面46ポンド。観戦席は南側ゴール裏2F。

61.ポンド
(14,760円)
プレミアリーグ(Chlsea - BlackBarn)
公式ホームページ(http://www.chelseafc.com/)よりオンライン購入。チケットは現地スタジアム・ボックスオフィスにて受取。観戦席はサイドライン2F(WEST STAND UPPER)

12,000円 チャンピオンズリーグ グループステージ(Arsenal - Selvia)
Arsenal Japanにて購入。観戦席は南側ゴール裏2F。

36ポンド
(8,640円)
チャンピオンズリーグ グループステージ(Chelsea - Rosenborg)
試合3日前にスタジアム・ボックスオフィスにて現地購入。観戦席はゴール裏1F(SHED LOWER)

15ポンド
(3,600円)
スタジアムツアー・ミュージアム見学(Chelsea)

12ポンド
(2,880円)
スタジアムツアー・ミュージアム見学(Arsenal)

観光スポット
13,200円 32.50ポンド
(7,800円)
マダム・タッソーとロンドアイ
公式サイト(http://www.madame-tussauds.co.uk/)からオンライン予約。

5ポンド
(1,200円)
ソールズベリ大聖堂の入場料(寄付金)

5.5ポンド
(1,320円)
カンタベリ大聖堂の入場料(寄付金)

交通費(イギリス国内)
20,016円 23ポンド
(5,520円)
オイスターカード(7DAYS, TRAVEL CARD, 1-2zone)

27.20ポンド
(6,528円)
鉄道(ロンドン(ウォータールー駅)〜ソールズベリ往復)

7ポンド
(1,680円)
バス代(ソールズベリ駅〜ストーンヘンジ往復)

12.40ポンド
(2,976円)
バス代(ロンドン〜カンタベリ往復)

10.80ポンド
(2,592円)
バス代(ロンドン〜ブライトン往復)

3ポンド
(720円)
バス代(ONE DAY SAVER:ブライトン〜セブン・シスターズ往復)

ロンドン現地時間



TOPに戻る 備忘録(旅程プランニング)へ Homepageに戻る
掲載内容はイギリス・ロンドンでの体験に基づいた個人的な意見です。各人の責任においてご利用くださいませ。